皆さん、こんにちは!ニコッ

本日はヴォイスでのレッスンはお休みでしたが、いかがお過ごしでしょうか?

 

さて、連日ご紹介している西尾塾長による特別レッスンの感想文ですが、

今回は同じレッスンを受けている生徒さん3人をご紹介いたします!

 

三好 咲弥花(みよし さやか)さん、

松岡 伶奈(まつおか れな)さん、

伊菜々子(いざき ななこ)さんです!ハート

 

3人が特別レッスンを受けてどのような事を感じ、どのような事を学んだのか…

皆さんぜひ最後まで読んでいってくださいね!

 

(写真左から、三好さん・松岡さん・伊さんですキラキラ


 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、自分はオリジナル曲をたくさん作りたくて力を入れていたけど、良い曲を作れるようになるためには

カバーすることと、曲の分析がとても大事だとおっしゃっていたのでまずは色々なアーティストの曲を

カバー/分析して、自分の知識を増やして曲作りに生かして行きたいなと思いました。

 

「let it be」を例にしての解説など、西尾先生のレッスンを受けられた少しの時間でも学ぶことがたくさん

たくさんあって、ワクワクしました。これから自分でもたくさん学びを見つけて行きたいと思ったので、同じ曲を

何度も何度も分析して、今までヴォイスでやってきた曲ももう一度分析し直して、カバーして歌ってみようと思います。

 

ヴォイスに入ってから洋楽に触れる機会が増えて、最近は色んな曲も聞くようになってきましたが、

もっともっとたくさん聞いて吸収していこうと思います。また西尾先生のレッスンを受けられることがあれば、

少しでも成長した姿でお会いできるように、頑張ります!!!

 

三好 咲弥花

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今回の西尾先生の特別レッスンから、いろんな人のカバーをすることの大切さ、分析の大切さを学びました。

カバーをするときに、ただ歌うだけじゃなくてなぜこのコードにこのメロディーがついたのか、どうしてこの曲は

感動するのかを考え、沢山のカバーをしていく中でそれらを瞬時に考えられる力を養っていきたいです。

 

分析は1曲を2ヶ月を掛けても足りず、"Let it be"は今でもわからないこともあるとおっしゃっていたので、

音楽の奥の深さ、私の普段の楽曲分析はまだまだ甘いことがわかりました。

 

リズム感は歌う上でとても重要ですが、ボイスパーカッションをするのがいいというのが自分の中では驚きでした。

曲を聴く時ドラムの音をよく聞いてみる、街中の音楽に耳をすませ、体でリズムをとってみるというのを実践して見ようと思います。

 

自分のカバーの仕方、分析の仕方を改め今回の特別レッスンの内容をこれからの楽曲制作に生かしていきたいです。

 

松岡 伶奈

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

曲作りのことをたくさん聞くことができて、勉強になりました。

オリジナル曲を作っていて、「これだ!」と思えるものがなかなかつくれなくて、他の曲を分析したりしたけど、

研究が全然足りなかったなと感じました。

 

今まではコード分析の方に偏っており、メロディの形を分析する時間が足りていなかったと思います。

何回分析しても良い曲は良い、と西尾先生が仰ったことを忘れず、曲作りに励みたいと思います。

 

西尾先生が曲作りにかけるこだわりや向かう方向、今私がするべきことが分かったので

1つ1つ大切にこなしていこうと思いました。

 

伊菜々子

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

三好さん、松岡さん、伊さん

貴重な感想ありがとうございました!

 

西尾先生の特別レッスンでは、先生に直接質問できるコーナーや、

楽曲を細かく解説し楽曲制作のコツやテクニックを知る事が出来たりと

多くのことを勉強することができます顔

 

生徒の皆さん、これからもぜひ参加して下さいねビックリ


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

 

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM