こんばんは!

 

本日の福岡はホークスの優勝パレードもあり賑わっていましたね男

 

ヴォイスでもいつも通りレッスンに励む生徒のみなさんで

活気に溢れています!!

 

本日はヴォイス生のインタビューをご紹介しますぴのこ:)

 

福岡本校にて今月取り組んでいる課題曲提出では、楽曲の細かい分析や録音(レコーディング)を行い

プロのアーティストとして必要なことを実践的に学んでもらう目的があります。

 

今回、そんな課題曲の提出を終えた「若松あかり」さんから感想を頂きました

のでご紹介いたします!

 

 

私は今回Arrowsの「I love Rock'n Roll」という曲を選びました。

 

この曲はたくさんのアーティストにカバーされていて、私はカバーの方は聞いたことはあったのですが、実は原曲を聞いたのは初めてでした。

 

聞いた感じ、王道の70年代の洋ロックって感じだなと思ったけど、分析してみると、ちゃんと差別化されていて、とても勉強になりました。

 

基本的な部分はもちろんですが、私が特に印象に残ったのが小節の区切り方です。IntroやAサビと、いたる所で独特な区切り方をされてたので、そこがアクセントになってクセになるし、ラストの所で4回サビを繰り返す所も、それがあるからこそ何回も聞けるんだと思いました。

 

また、録音ではギターがとても難しかったです。バンド曲でパワーコードやリフも多く、ギター1本での表現が難しかったので、ギターの技術もこれからの課題と思いました。

 

今回学んだことを生かして、デビューする為に頑張ります!

 

 

 

今回の楽曲、「どこかで聴いたことがある!」と思われた方も多いと思いますひらめき

 

若松さん、多くのアーティストに長年カバーをされる楽曲の秘密を学ぶことが出来たようです

目標に向かって、どんどん吸収していくんだというチカラ強い気持ちが伝わってきますね!

 

がむしゃらに音楽を学ぶみなさんのアーティストとしての未来が本当に楽しみですネイビー

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

 

Archive

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM